七十二候 第三候 魚上氷(うおこおりをいずる)

魚上氷(うおこおりをいずる)

【KOYOMI】
暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。
リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。
季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。

七十二候の第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」
魚上氷は二十四節気「立春 りっしゅん」の末候で、冬の間凍っていた川の水が割れて魚が動き跳ねる季節です。
イワナなどの魚が跳ねたり、氷や水のきらめきを思わせる2つの色で表現しました。
濃い色は黒銀色。細かなラメが含まれるので繊細に輝きます。

魚上氷(うおこおりをいずる)の色

グレーの濃淡やきらめきを出したかったので、黒銀を使いました。
濃いめのグレーに細かなラメが入って、上品な輝きです。

商品ページはこちら

Clover4u
https://www.clover4u.com/p/item-detail/detail/i819.html
minne
https://minne.com/items/26229252
Creema
https://www.creema.jp/item/11073715/detail

コメント

タイトルとURLをコピーしました