二十四節気「秋分」~七十二候「玄鳥去」

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。

二十四節気「秋分」

一春分と同じく、昼と夜の長さがおなじになる日。
この日を中心にした一週間が秋のお彼岸の期間となります。
本格的な秋を感じる紅葉をイメージした2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十六候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、夏の暑さがやわらぎ、夏の入道雲が連れてくる雨と雷の音が収まってくる頃です。
秋のお彼岸もこの季節です。
KOYOMIピアスは彼岸花をイメージした赤系2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」

夏が終わり涼しい風が吹き始めるころ、外で活動していた虫たちは冬ごもりの準備を始めます。
この季節は啓蟄の初候、第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」と対になっています。
KOYOMIピアスは秋を告げる香り、キンモクセイをイメージした2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十八候「水始涸 (みずはじめてかる)」

収穫の秋。田んぼの水を抜いて稲の収穫が始まる頃です。
KOYOMIピアスは、季節の名称からのイメージ、風景や味覚から色を選んでいます。
水始涸は、秋の味覚の栗をイメージした色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

使用した色たち

●秋分 ブライトレッド/黄丹
●雷乃収声 真朱/猩々緋
●蟄虫坏戸 パーマネントイエローオレンジ/パーマネントオレンジ
●水始涸 バーントアンバー/バーントシエナー

       

コメント

タイトルとURLをコピーしました