二十四節気「処暑」~七十二候「禾乃登」

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。

二十四節気「処暑」

暑さは厳しいけれど、ピークは過ぎて朝夕は少し涼しさも感じる頃です。
穀物などの実りや秋の花がちらほらと見られます。
この季節はそばの花の見頃ということで、そばの花をイメージして白とグリーンの2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

柎(はなしべ)とは花の萼(がく)のことで、ここが開くと中からふわふわの綿がはじけ出てきます。
このふわふわの綿から糸や布が作られるのは不思議な感じがしますね。
ピアスは綿の花のイメージの2色を使って表現しました。
真っ白ではなくほんの少しだけ色の入ったシーシェルホワイトという色を使っています。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

8月も終盤、暑さが和らいで虫の声が聞こえだし、少し冷たくなった秋の風が秋雨を運んで来る頃です。
秋の花の代表、コスモスをイメージしたピンクとオレンジの2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第四十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

秋が少しずつ深まり、稲穂は少しずつ色づき頭を垂れてきます。収穫の秋を迎えます。
稲をイメージした細かなきらめきの金色とグリーンの2色で表現しました。

<販売ページはこちら> ●Clover4uショップ ●minnecreema

使用した色たち

●処暑 白-シーグラス
●綿柎開 バーントアンバー-シーシェルホワイト
●天地始粛  シンクピンク-パーマネントイエローオレンジ
●禾乃登 パステルオリーブ-ゴールドオレンジ

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました