七十二候 第十候 雀始巣(すずめはじめてすくう)

雀始巣(すずめはじめてすくう)

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。
KOYOMIシリーズについて

七十二候の第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」
枯れ草や枝、藁、羽などを使ってすずめが巣作りを始める時期です。
日本伝統色の「雀色」とすずめのお腹あたりの羽色をイメージした2つの色を使って表現しました。

雀始巣の色

2つの色は、日本伝統色の「雀色」とすずめのお腹あたりの羽色に近い色を選びました。
使用した色の名前はバーントシェナーとパステルサンドです。

お買い物はこちらから

Clover4u
https://www.clover4u.com/p/item-detail/detail/i833.html
minne
https://minne.com/items/26923254
Creema
https://www.creema.jp/item/11386545/detail

コメント

タイトルとURLをコピーしました