二十四節気「小雪」~七十二候「橘始黃」

スポンサーリンク

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。

スポンサーリンク

二十四節気:小雪(しょうせつ)

木々は落葉し、まだ積もるほどではないけれど、雪が降り始める季節。
落ちた木の葉や土の上に降る雪をイメージした、ブラウンとホワイト+パールで表現しました。

<販売ページはこちら>
●Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第五十八候:虹蔵不見(にじかくれてみえず)

季節が冬にうつり、日差しが弱く曇り空が多くなる頃。
虹はあまり見えなくなり、見えたときも夏のような濃い色ではなく、すこしぼんやりとした感じになります。
ピアスは明るめの曇り空をイメージ曇り空をイメージした2色を使って表現しました。

<販売ページはこちら>
Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第五十九候:朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

冷たい北風が、木の葉を落とし散らす頃です。
朔風は北風、木枯らしのことです。
ピアスは紅葉、落葉をイメージした2色で表現しました。

<販売ページはこちら>
Clover4uショップ ●minnecreema

七十二候 第六十候:橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

二十四節気「小雪」の末候、橘の実が黄色く色づきはじめる頃です。
たちばなは柑橘類のことで、常緑樹で一年中緑がつややかに葉を茂らせていることから、不老不死や永遠の象徴とされていたようです。
ピアスは、柑橘の葉と実の色とをイメージした配色にしました。

<販売ページはこちら>
Clover4uショップ ●minnecreema

使用した色

●二十四節気「小雪」
・ベネチアンレッド
・シーシェルホワイト
・パールホワイト
●第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」
・シャンブレーブルー
・バイオレットアイス
●第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」
・ダークゴールデンロッド
・レッドアイアンオキサイド
●第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」
・パーマネントイエローディープ
・リーフグリーン

    
タイトルとURLをコピーしました