七十二候 第四候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

【KOYOMI】
暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。
リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。
季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。

七十二候の第四候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」
雪は春の雨に変わり、山の雪もとけだし、大地が潤おう季節です。
雨が降って土が湿り気を含むという意味の通り、春泥をイメージした2つの色を使って表現しました。
ブラウンの方にはかすかにシルバーを足して水を含むような輝きをプラス。

土脉潤起の色

2色の色は、グレイッシュブラウンと水のきらめきを少し追加するためにアンティークシルバーを薄く重ねて。
もう1色は、緑が芽吹いてくる予感を感じさせるグレイッシュグリーン。
どちらも土の表現ではありますが、暗くなりすぎないようにバランスを取った色にしました。

お買い物はこちら

Clover4u
https://www.clover4u.com/p/item-detail/detail/i821.html
minne
https://minne.com/items/26282036
Creema
https://www.creema.jp/item/11171202/detail

コメント

タイトルとURLをコピーしました