七十二候 第十一候 桜始開(さくらはじめてひらく)

桜始開(さくらはじめてひらく)

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。
KOYOMIシリーズについて

七十二候の第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」
桜の花が咲き始める季節です。出会いと別れの季節に桜は欠かせない花ですね。
桜が咲くと春が来た!というわくわく浮き立つ気持ちになります。
桜の花をイメージした2つの淡いピンク色を使って表現しました。

桜始開の色

桜を表現した2色は、ターナーのジャパネスクカラーから、一斤染(いっこんぞめ)とパステルピンクを使いました。
一斤染(いっこんぞめ)は、紅花一斤(600g)で絹一疋を染めた淡い紅色の伝統色です。
どちらも肌に馴染みやすい優しい色で、春らしい組み合わせになりました。

お買い物はこちらから

Clover4u
https://www.clover4u.com/p/item-detail/detail/i834.html
minne
https://minne.com/items/26924668
Creema
https://www.creema.jp/item/11386570/detail

コメント

タイトルとURLをコピーしました