七十二候 第十五候 虹始見(にじはじめてあらわる)

虹始見(にじはじめてあらわる)

【KOYOMI】 暦(こよみ)シリーズは、一年を24の季節に分けた二十四節気、さらにそれを5日ごとに分けた七十二候という細やかな季節のうつろいからイメージする色で表現したピアスです。 リーフ型(マーキス型)のかけらは重なる季節を表した象徴として、円○と円○を半分重ねた中央にできる形をもとにデザインしています。 季節の風にゆらめいて、ふたつの色が耳元を彩ります。
KOYOMIシリーズについて

2021年4月15日
七十二候の第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」
空気が潤い、虹が見える頃。大気が乾燥していた冬に比べて虹が見えやすくなります。
きれいな青空と、雲にかかる虹をイメージした色で表現しました。
虹はパール系5色を重ねて、角度を変えて光の反射で色が見えるようになっています。
写真ではだいぶ薄くなって見えますが、実物を動かしてみるともう少しはっきりと虹色に光ります。

虹始見(にじはじめてあらわる)の色

虹の色は、かなり悩みました。1色でオーロラ色になるようなものはないため、重ねるにしても虹っぽく見えるようにするには、パールカラー1色では物足りないし…と。
結局パールカラーを斜めに5色ラインにして虹を表現してみました。
ぱっとみたかんじではわからないかもしれませんが、角度を変えて光が反射したときにとてもきれいなのです♪
もう片面は、明るい空の色ということで「アクアブルー」を選びました。
この時期のさわやかな空の色、という感じで気に入っています。

商品ページはこちらから

Clover4u
https://www.clover4u.com/p/item-detail/detail/i841.html
minne
https://minne.com/items/27132843
Creema
https://www.creema.jp/item/11492655/detail


コメント

タイトルとURLをコピーしました